2016年03月04日

(7)浮かぶ仏壇「御座船」

大阪城の内濠を回遊する観光用の御座船です。
昨年、大坂夏の陣400年記念イベントの際に運行し、評判がよかったので今年も運行しています。

gozabune1.jpg

この金色の船は、オーストリアで見つかった「豊臣期大坂図屏風」の中に見られる秀吉の「鳳凰丸」をモデルに、もし秀吉が生きていたら黄金の御座船を作るだろうという意味で、船全体に純金箔を貼っています。
ガイドの船頭さんによれば、夏の陣400年は秀頼と淀殿の400年忌でもあるので、金箔を貼って「仏壇仕様」にしたそうです。

gozabune2.JPG
豊臣期大坂図屏風の八軒家の船着き場のところに、御座船が描かれています。

私も乗ってみましたが、暑い夏の日も船の上は涼しくて、まさに天下人の気分。
残念ながら、冬季(12月〜2月)と荒天の日は運行していません。(20分1500円)

詳細サイト → 大阪城御座船
posted by ママンナ at 06:00| ガイド小ネタ