2016年03月04日

(13)狭すぎるホーム

私が知る限り、一番狭い駅のプラットフォームは、阪急電車の中津駅です。
中津駅には宝塚線と神戸線しかホームがありません。また、普通電車しか泊まりません。
写真は宝塚駅のフォームですが、一番広いところでも3メートルはないでしょう。
黄色の線の内側より外側が広い。

nakatsu1.JPGnakatsu2.JPG

これは一番端ですが、もはや黄色い線は1本しかありません。

nakatsu3.JPG

posted by ママンナ at 12:00| ガイド小ネタ

(12)大阪城の住所

大阪城天守閣の住所を知っていますか。大阪市中央区大阪城1-1です。
これが証拠写真。天守閣前の広場にある住所表示です。

address.jpg

後ろにちょっとだけ見えているのは、重要文化財の金蔵。
ちなみに郵便番号は540-0002です。
540-0001はどこかと思ったら、大坂城の北側の城見地区の郵便番号でした。
もっとも大阪城に手紙を出すときは、郵便番号も住所も書かずに
「大阪城天守閣」だけで届くと思いますが。
posted by ママンナ at 11:00| ガイド小ネタ

(11)最終ランナー

道頓堀と言えば「グリコの看板」というぐらい有名なランドマークです。
1企業の看板でありながら、大阪市の景観として認定されています。

夜になると点灯しますが、実はこれがなかなか点灯しません。
この写真は冬の夕方5時ごろに撮影したものですが、周囲の看板がみな点いているのにグリコだけ暗いです。

IMG_0451.JPG

本来看板は企業や製品をアピールするものですから、見えなくては意味がありません。
だから普通は、薄暗くなるとすぐ点灯します。
でもこの看板は違います。
点灯時刻が決まっています。
毎日、日没の30分後から深夜0時まで。
まさに点灯の最終ランナーです。

夏だと午後8時、冬だと午後5時半ならほぼ確実に点灯しています。
ぜひ点灯してからお越しください。

グリコ6代目.jpg

点灯するとこんな風に背景が変わります。
posted by ママンナ at 10:00| ガイド小ネタ

(10)大阪の四季はここから

標本木ってご存知ですか。
各地にある開花基準などになる木のことで、気象庁が定めます。
たとえば「桜の開花」は、標本木の桜が5、6輪咲いたときを言います。
標本木以外の桜が咲いても、「開花」とは記録されません。

さて、大阪城公園には大阪府のの標本木が12種類もあります。
さくら、うめ、つばき、ふじ、はぎ、あじさい、いちょう、などなど。
大阪の四季の基準がほとんどこの公園にあります。

標本木の位置が知りたければ、城内のガイドにお尋ねください。
もちろん私もお教えしますよ。

benchmarktree.JPG
左から さくら、うめ、つばき、いちょう の標準木
posted by ママンナ at 09:00| ガイド小ネタ

(9)大阪弁のタイル

道頓堀の「はり重」の横の路上で、こんなタイルを見つけました。

osakadialoge.JPG

大阪弁がぎっしり書かれています。

「なんでやねん」「好っきゃねん」などポピュラーなものから
「エエエエー」「よっしゃー」という掛け声まで16も。
字ぃ多すぎて、下の絵がわからへんがな。

「こんなしょうもないもんに市民の金つこて!」いうツッコミに対しては
左上に「このレンガは下水道汚泥をリサイクルしたものです」
と、ここだけ標準語で言い訳したはります。

追記:このタイルは2017年に約10メートルほど東へ引っ越しました。
現在は戎橋のたもとの交番の横にあります。
posted by ママンナ at 08:00| ガイド小ネタ